2009年07月05日

小説新潮『園子のマリ』

昭和24年に小説新潮に太田静子さんの「園子のマリ」
が掲載されていました。

表紙と、目次2枚と、この作品の最初のページ、
と次のページあわせて3枚の写真をアップしました。

t_sonoko_no_mari_0001.jpg

t_sonoko_no_mari_0002.jpg

t_sonoko_no_mari_0003.jpg



「お婆さんと牛の尻尾の話」が同じ年に「素直」に
掲載されていますが、あちらの方が読者に読みやすい
よう、意識して書かれている印象があります。この
「園子のマリ」は、複数の登場人物がそれぞれの
目線で物語っているように構成されており、客観性
を狙っているのかも知れませんが、ぎくしゃくした
印象で読みにくいものになっています。

同じ時期に発表されていることも手伝って、
「お婆さんと牛の尻尾の話」には添削者がいたこと
を想像させます。

「園子のマリ」は全部で18ページ。尾崎一雄氏
の「太田静子さんの小説について」の記述が興味
深いですね。



posted by ピアノ at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | その他、引用書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。