2009年04月29日

井伏さんは悪人です

井伏さんは悪人です・・・と太宰さんが遺書に残した
ことは有名です。猪瀬直樹さんの「ピカレスク
太宰治伝」は、その言葉の真意に焦点を当てており、
実証的で非常に面白い作品です。

安藤宏「明かされた太宰メモ」を今回、はじめて
読んで、『如是我聞』を執筆している頃の太宰が
精神的に混乱していたことが確認できました。

このメモの文章は、世話になった井伏さんに対して
は少し言い過ぎのような気もします。しかし、井伏さんが
盗作に近いもので評価されてしまったことを、一時は
後ろめたいことと思っていたはずなのに、晩年になって
開高健に対しての「良心をなくしたらいい」と発言した
ことを知ると、その批判もなかなか的を射ているな・・
と納得。

老年の井伏鱒二の開き直りにも取れて、ちょっと
あきれてしまいました。



以下は引用です。

『如是我聞』は太宰治最晩年のエッセーで、志賀直哉に激しく攻撃を加えているさなかに太宰が命を絶ったこともあって大きな反響を呼んだ作品である。今回の資料でもっとも話題になると思われるのは師匠の井伏鱒二を激しく攻撃している部分が、その下書きに見える点だろう。少々長くなるが関連部分をピックアップしておきたい。

【井伏鱒二 ヤメロ といふ 足をひっぱるという。『家庭の幸福』ひとのうしろで、どさくさまぎれにポイントをかせいでいる。卑怯、なぜ、やめろというのか。『愛?』私は、そいつにだまされて来たのだ。人間は人間を愛することは出来ぬ。利用するだけ。思えば、井伏さんという人は、人におんぶされてばかり生きて来た。孤独のようでいて、この人ほど『仲間』がいないと生きておれないひとはいない。井伏の悪口を言うひとは無い。バケモノだ。阿吊みたいな顔をして、作品をごまかし(手を抜いて)誰にも憎まれず、人の陰口はついても、めんと向かってはなにもいわず、わせだをのろいながらわせだをほめ、愛核心、ケッペキもくそもありゃしない。最もいやしい政治家である。ちゃんとしろ。(すぐ人に向ってグチを言う。いやしいと思ったら黙って、つらい仕事をはじめよ)。私はお前を捨てる。お前たちは、強い。(他のくだらぬものをほめたり)どだい私の文学がわからぬ。わがものみたいに見えるだけだろう。聖書は屁のようなものだという。実生活の駈引きだけで生きている。イヤシイ、私は、お前たちに負けるかも知れぬ。しかし、私は、ひとりだ。<仲間>を作る。太宰は気違いになったか、などという仲間を。ヤキモチ焼き。悪人、イヤな事を言うようだが、あなたは、私に、世話をしたようにおっしゃっているようだけど、正確に話しましょう。かつて、私は、あなたに気にいられるように行動したが、少しもうれしくなかった。】

何とも衝撃的な言葉の数々である。太宰の遺書に『井伏さんは悪人です』という一筆のあったことが従来から語り伝えられ、これまでさまざまな憶測を呼んできたが、今後この問題を正面から考える際の重要な手がかりになるのではないか。(安藤宏「明かされた太宰メモ」?「東奥日報」平成13・10・15)
http://kyotaro.web.infoseek.co.jp/tenbo/02cur01.html より引用させていただきました)



『井伏鱒二の世界』(NHKTV)で開高健が「書く気が起こらない、そうしたとき、どうしたいいのか」と井伏に教えを乞うた。井伏は「それは自重するからでしょう。良心があるから、良心をなくしたらいい」と答えていたのがとても印象的であった。NHKでは井伏の代表作として『山椒魚』と『黒い雨』を挙げていたが、この両作品とも最も非良心的として物議をかもした作品である。だが、これに対し太宰治は、井伏とは反対に最も良心的な作家ではなかったか。
石塚氏が述べているように、太宰と井伏とでは性格的に“水と油”であったろう。従来の“伝説太宰治論”では井伏鱒二は“太宰治の大恩人”ということで、文壇と国文学界では五十余年も通してきた。が実際にはその反対であったが、井伏と親しかった太宰の長兄・津島文治はどうだったであろうか。
http://kyotaro.web.infoseek.co.jp/tenbo/02cur03.html より引用させていただきました)


ラベル:井伏 鱒二
posted by ピアノ at 21:37| Comment(0) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。