2009年05月06日

心映えの記

太田静子さんが亡くなった前後の出来事を中心と
したエッセイ。定年で仕事を終えた、最晩年の
太田静子さんの、まっすぐな生き方が伝わって
くる。


文庫: 288ページ
出版社: 中央公論新社; 改版版 (2005/8/26)
ISBN-10: 4122045711
ISBN-13: 978-4122045712
発売日: 2005/8/26

t_IMG_0001.jpg



posted by ピアノ at 22:41| Comment(0) | その他、引用書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。