2009年05月28日

素直復刊第1号『お婆さんと牛の尻尾の話』

昭和24年に留女書店から発行された、素直復刊1号
に太田静子さんの「お婆さんと牛の尻尾の話」が
掲載されています。表紙と、目次2枚と、この作品の
最初のページ、あわせて4枚の写真をアップしました。

「素直」の表紙
sunao_hyoushi.jpg

目次
mokuji2.jpgmokuji1.jpg


作品の最初のページ
obaasann001.jpg


編纂同人には尾崎一雄や井伏鱒二など6名が参加。
収録作品は川端康成、中野重治、田中英光、田宮虎彦
などの顔ぶれです。

「お婆さんと牛の尻尾の話」は全部で38ページ。
内容は、上等の毛布が無くなって、誰が犯人なのかが
気になってしかたない主人公の話です。読んでいる
うちに脱力するような、浮世離れした雰囲気の小説
です。挿絵も可愛いですね。

素直の最後のページには「近刊 あわれわが歌」と
記載されていて、近々、発売される予定の広告が
「放浪記第3部」などと並んで書いてあります。

定価は150円ですが、現在3500円〜6000円
で中古本として流通しているようです。





posted by ピアノ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、引用書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。