2009年09月12日

相馬正一さん『太宰治の原点』


こちらの書籍が発売されていることを
知ったばかりで、内容については知りません。
目次に「斜陽」と太田静子の日記・・・という
記載がありますので、いつか読んでみたいと
思います。それにしても、発売されて3ヶ月
しか経過していないのに、amazonには既に
4冊の中古商品が並んでいます。

読んでいないので、内容についてはわかり
ませんが、太宰に関連する書籍がコンスタントに
売れていることを表しているのでは無いで
しょうか?。

『太宰治の原点』相馬 正一/著
出版社名 審美社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-7883-4125-8
(4-7883-4125-5)
税込価格 2,940円
頁数・縦 273P 20cm
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032273037&Action_id=121&Sza_id=C0



この相馬正一さんが朝日新聞の青森版から取材を
受けて記事になった「青森ひと山脈 」というのが
あります。

その中の第4回に「太宰夫人と面会できず」という
大見出しの記事があります。昭和41年のことですから、
太宰の亡くなった昭和23年から20年近くが
経過しています。治子さんは18歳。津島美知子
さんが54歳の時のことです。

回顧展のいきさつを、あらためて読んでみると、
美知子夫人の太宰への思い入れが感じられて、
治子さんの「明るい方へ 父・太宰治と母・太田静子」
がもしも、美知子夫人の生前に発刊されていたら、
心中穏やかで無かっただろうと思います。




「斜陽」のモデル太田静子さんの娘治子さんの津軽訪問が波紋 2005年09月17日

 ――研究者として知られるようになるにつれ、津軽を訪れる太宰の関係者を案内することも多くなる。

 「斜陽」のモデルとなった太田静子さんから、「一度でいいから娘に父親の故郷である津軽を見せたい」と頼まれました。太宰は静子さんとの間に娘をもうけていました。それが治子さんです。

 その時は、僕の方もあまり余裕がなかったので、そのままになっていました。そしたら、しばらくして奥野健男さんから連絡があり、出版社が治子さんの津軽紀行を出す企画があるので、案内してくれないかというんですよ。

 昭和41年(1966年)の夏、治子さんはまだ18歳で、「婦人公論」の記者と奥野さんが東京から同行してきました。

 小泊村(現中泊町)の越野タケさんにも会いに行きました。太宰が小さいときに子守をした人で、「津軽」に再会の場面が登場します。

 タケさん、治子さんを見て喜んでね。「おー、孫が来た、孫が来た」って。太宰を自分の子どものように思っていましたから、治子さんは孫のように思えたのでしょう。

 予定のところを回って、最後に東京に帰るときになって、津島家と太宰の間をとりもっていた五所川原の中畑慶吉さんが「治子さんを津島文治さんに会わせたい」というのです。

 文治さんは太宰の長兄で、当時は参院議員をしていました。心中未遂事件などでたびたび世間を騒がした太宰を勘当した人で、本当に治子さんに会ってくれるのか心配でした。

 みんなでタクシーに乗って青森に行き、恐る恐る文治さんの家に行ったら、ちょうど東京から戻ったばかりの文治さんが奥から出てきて、治子さんをジロリと見おろすのです。そして口から出たのが、「む、津島の顔だ。入りたまえ」という言葉でした。

 それから、治子さんと私たちも一緒に座敷に通され、その夜は文治さんの奥さんのれい夫人の手料理で大変な歓待を受けました。そのときは、文治さんはすでに太宰を許してたんですね。

 ――太田治子の津軽訪問は、後にちょっとした波紋を呼ぶことになる。

 間もなく、治子さんは雑誌に発表した津軽紀行で、このときの様子を書きました。その中で「弘前高校のS先生」と出てくるのが僕のことです。

 ところが、その後、太宰夫人の美知子さんを訪ねようとしたら、「差し障りがありますから」と断られてしまった。それまで、何度も太宰の話を聞かせてもらったり、資料を見せてもらったりしていたんですよ。

 後で、奥野さんに話したら、「いやー、僕もだよ」と言ってましたね。美知子さんにしてみれば、治子さんと文治さんの面会は、相馬と奥野が余計なことをしてくれたということだったのでしょう。

 それ以来、美知子さんが亡くなるまで一度も会うことができませんでした。

 もっとも、美知子さんとはその後も手紙ではいろいろとやりとりをしていましたから、まったく関係を断たれたということではありません。

 太宰が亡くなって没後20年に回顧展が開かれて以来、10年ごとに回顧展が開かれていました。本来であれば没後50年が一つの節目でしたが、美知子さんが47年目にやってほしいというのです。まだ50年にならないのにと戸惑いながら、僕も編集委員として、美知子さんと手紙で打ち合わせをしながら、95年に青森市の県近代文学館で「太宰治展」を開催しました。

 美知子さんが85歳で亡くなられたのは、それから2年後でした。自分が生きているうちに、もう一度太宰の回顧展をという思いがどこかにあったのかも知れません。





posted by ピアノ at 13:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「斜陽」に登場する、上原二郎の奥さんはいかがでしょうか。
これはきっと太宰からみた美知子夫人だとすれば、妻は芝居でいう、「ヒロイン」の華やかさはないが、いい役者だけが演ずることのできる存在感、いわゆる「いい役」なのだと思わせてくれます。
昔はかず子が好きでしたが、直治が恋した「スガちゃん」という名の上原の妻って、しぶくていい役だな、と気に入っています。
「ヴィヨンの妻」の「椿屋のサッちゃん」も好きです。
浮世では優柔不断、だらしないとされる色恋沙汰も、文学の世界では、よけいなキョウザツ物がないですから、とても美しいですね。
作家は作品がすべてと私も思います。
でも作品があまりにも魅力的だと、どんな作家だったのか、知りたくてたまらなくなります。
立派な作家というのとは違います。
わたしは、太宰の嫌いな志賀直哉を立派な作家と認識していても、どんなヒトだったか、なんて知りたいとも思いません。
感心と、感動は違います。
感心される立派な芸術家は世の中にいっぱいいます。
ぼろくそに言われながらも、愛される芸術家が世に残るのだと思います。
みんなが僕をいじめるんだ、と美知子夫人の前でおいおい泣いた太宰も、立派な人間ではなかったけれども、感心でなく、感動される作家だったのだと思えるのです。
坂口安吾、壇一雄、ずっと太宰より男らしいイメージがありましたが、ちょっと意地悪な友人に言われました。
「でもあなたは太宰さんが好きでしょ」と。
そして、わたしはコメントになっていませんが、このブログにお邪魔しているワケで、「静子さんが一番好き」です。
Posted by メアリ女王 at 2009年09月14日 02:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。