2019年09月12日

遺産9億円は多いか、少ないか

朝日新聞1998年1月8日夕刊

太宰治の妻、遺産9億円

 作家太宰治の妻で昨年二月、八十五歳で死去した津島美知子さんの課税遺産額が約九億四千万円であることが八日、東京・本郷税務署の公示でわかった。
 関係者によると、遺産は東京都文京区の自宅の敷地や預貯金など。長女の園子さんと次女で作家の佑子さん、園子さんの夫で養子の衆院議員津島雄二氏ら四人が相続した。相続税額は計三億一千万円に上ると見られ、すでに納付されているという。


読売新聞1998年1月8日夕刊

太宰治の妻、遺産9億円

 作家太宰治の妻で昨年2月、85歳で亡くなった津島美知子さんの課税遺産総額が約9億4千万円だったことが8日までに東京・本郷税務署の公示で分かった。
 関係者によると、遺産の大半は東京都文京区の自宅。美知子さんが継承していた太宰の作品の著作権は、死後50年近くたっているため、遺産としての価格はごくわずかと見られる。
 相続人は、長女の夫で養子の津島雄二・衆院議員、二女で作家の佑子さんら4人。相続税額は約3億円と見られ、すでに全額納付している模様だ。美知子さんは1939年、太宰と結婚。78年に「回想の太宰治」を出版している。


2008/12/507:24:27
1998年に太宰治没後50年ですから、その時点で印税はなくなりました。
奥さんの美知子さんが亡くなったのが1997年ですから、遺族としては印税をずっと受け取っていたことになりますね。

2008/12/507:35:35
太宰治は死後50年が経過し、著作権が切れているので、印税は発生していない。
現在も印税があったとしたら、印税の受取人は津島佑子などの法定相続人です。
【関連する記事】
posted by ピアノ at 00:33| Comment(0) | あくまでも憶測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。