2009年09月07日

『明るいほうへ』という詩集があったこと

『明るい方へ 父・太宰治と母・太田静子』を
半日で読み終えました。太田治子さんの
文章が読みやすいことが一番にあげられる
と思います。それと、母・静子さんが残した
当時の日記からしか知り得なかった数々の
情報を読んでいると、他のどの著作よりも説得力
があり、生身の太宰治を描いた著作の決定版と
言えるものだと思います。

また、太田静子さんが『斜陽のモデル』という
文言が浸透していて、私自身も疑いなくこの
ブログのタイトルに含めていましたが、
これを機会に『斜陽の原作者』と変えさせて
いただくことにしました。寺内寿太郎の
「生まれてすみません」フレーズも同様ですが、
『斜陽』成立の流れを見ていると、後から盗作と
言われてもしかたないような状況・・・
と言っては言いすぎでしょうか?。

http://ameblo.jp/kimuraayako-official/entry-10090428532.html


全編を通して、父を突き放したような、あっぱれな
記述と、この作品の最後をかざる「正直で勇気ある男」
の記述には、少しだけ妙なコントラストを感じます。
娘ならではのジレンマが感じられて、それがとても生々
しく、嘘の無い印象を追加しているようにも思えます。
(帯にも「正直で勇気ある男」が大きく書かれて
 いるのですが、太宰信奉者へのスケープゴートに
 見えてしまっているような・・・。)


さて、ちょっとブラックな事ばかりで辟易されて
しまわれると困るので、本題の『明るい方へ』に
ついてです。

この題名を聞いて、金子みすゞさんの詩集
『明るいほうへ』 を思い起こされた方がどのくらい
おられるのでしょうか?。

太田治子さんの『明るい方へ』に対して、金子みすゞ
の詩集は『明るいほうへ』ですので、少しだけ違い
ます。何の関連も無いのかも知れません。明治36年
と少し上の世代ですが、男性運が悪くて幼い娘さんを
残して命を絶った金子みすゞさんと、太田静子さんが
どこかで繋がっているように思えていたので、
私はとても驚きました。金子みすゞさんの娘さんは
母親に捨てられたような気持ちで、壮年までずっと
生きてこられたようです。太田治子さんはお母様
の太田静子さんと最後まで暮らしていけたのですが、
それは太宰が『斜陽』にメッセージを残してくれた
おかげだと思うと、かろうじて救われたような
気がします。

金子みすゞの『南京玉』を読んでみると、小さい
娘さんを残して命を絶たなければならなかった
ことは、衝動的であったり浅はかだったはずが無く、
苦悩と決意の現れだったことが理解できるように
思えます。

明治・大正・昭和の初期にかけて、理不尽な
理由で離婚させられたり病気になって、自死する
女性は現代よりもずっと多かったようです。

太田静子さんは苦労をスルーできる、底の抜けた
ような明るさを持ち合わせていたようで、
そのおかげでこのように娘さんが書く名作に出会えた
ことを感謝したい気持ちです。



posted by ピアノ at 17:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

晩年の太田静子さんの優しさ

きっと、治子さんのことばかり考えていたのだと思い
ます。ピュアな愛情表現ができるような、美しい歳の
取り方をされていますね。

69歳というと、早世のようなイメージを持たれる
人が多いですが、太田静子さんは、十分に人生を
まっとうされたように感じます。

こういうエピソードは、残された者には心に刺さり
ます。治子さんの文章表現もシンプルでいて、
深い味わいがあり、涙が出そうになります。


『母の万年筆』より


病院での母からは、家にいた頃の頑固なおばあさんの面影がすっかり消えていた。ひたすらおとなしい、気弱なおばあさんとなっていた。
或る夏の夕暮れ、病室に入っていくと、母は嬉しそうに瞳を輝かせて、机の上のアルマイトの弁当編のフタをあけた。そこには、小さなスイカの切れ端が入っていた。お向かいのベッドのおばあさんからのお裾わけだという。

「さあ、食べなさい」

といわれて、思わず胸が詰まった。入院前には、大きいスイカの半分位、ひとりでペロリと平らげてしまう母だった。それが、アルマイトの弁当箱にすっぽりと入ってしまう程の小さいスイカを、見舞いにくる私の為に大切に残しておいてくれたのである。
今年の夏は、 ついに家では一度もスイカを食べられなかった。スイカの入ったアルマイトの弁当箱を、嬉しそうに開いた母の顔が、スイカを買おうとすると、どうしても浮かんでくるのだった。
まもなく、母の一周忌がやってくる。十一月二十四日の命日には、固い柿をひとつ、写真の前に供えたいと思っている。

posted by ピアノ at 00:03| Comment(2) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

苦労されていた頃のエピソード

『心映えの記』より

寮母になる前、母は十一年間、倉庫会社の食堂の炊事婦をしていた。その食堂に、ある日、立派な着物を着た女性が入ってきた。母はその顔に、ばんやりと見覚えがあった。母より少し年下の彼女は、小さな女の子の頃、まんもるさまに診察されたことがあった。その昔の女の子が、まんもるさまの娘の母を突然訪ねてきたのだった。
茶碗洗いの手を休めて白いエプロン姿のまま食堂の裏口にでてきた母をみて、その女性はしばらく声もなかったという。ほとんどまとまった言葉もいわずに、とぶようにして帰ったというのだった。
「あれからしばらく、愛知川では、静子さんが炊事婦してなさるのは本当やった。ウソやなかった、という話で持ちきりどした」寮母時代の母に会いにきた愛知川小学校時代の母の同級生がいった。それまでは、娘時代の母を知っているだれもが、母がそのような仕事についているとは信じていなかった。ミニ・スカートをひるがえして愛知川の畦道を自転車で突っ走るモダン・ガールである一方、静子さんにはどこか箸を持ち上げるのも危うそうな、か弱い姫君の感じがあったからだと、寮母の母を前にしてその友だちはいうのだった。

posted by ピアノ at 23:12| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田静子さんの「詩」

太田静子さんが、素晴らしく生き抜いたことを
証明できる「詩」だと思います。

『母の万年筆』より

新米をおいしいと思ったことも、ここ数年なかったように思う。ところが、思いもかけず、昨年の新米は実においしかった。 一粒一粒を、大切にかみしめて食べたいという気持が、自然に起こるおいしさなのである。年が明けてからも、私は、新米を、小さいソースパンで、二合ずつたいては、ひとりでせっせと食べている。食べながらふと、この新米を、昨年の十一月末、あの世にいった母も食べているのだと思うと、急に胸がつまってくる。
肝臓ガンの疑いで、内科に入院していた母は、外科に移される直前に、外泊許可がでて、家に帰ってきた。その晩、この新米を、やはリソースパンでたいたのだった。

「おいしい、おいしい」

と、母はいった。二、三日前から、ひとりでさしたる感動もなく食べていた新米だったが、その母の言葉で、本当においしいと気がついた。新米と一緒に食卓にだした焼きたてのランプ・ステーキも、われながらびっくりするほどおいしく焼けた。それが、母との最後の晩餐となった。

手術をひかえて
おわかれに 家にかえった
内科さいごの 週末だった
きようのよるの
思いがけない ごちそう
今年のお米
ビーフステーキ
あわび
いか
手づくりの あたたかい
心づくしのごちそう
ありがとう
ありがとう
一生のうちで
一ばん おいしい
ごちそうだった
わすれない


母が、メモ帳に書きのこした詩である。これをよむたびに、涙がでてくる。母はあの時、これがふたりだけの最後の晩餐になると、思っていたのだった。それに私は気がつかなかった。ただ、母がおいしい、おいしいと、食べてくれるのがうれしかつた。

posted by ピアノ at 23:07| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

太宰治の印税のゆくえ

私事になりますが、太宰治の小説を書店に行って、新品
を購入することはしていません。そのかわり、現在では
入手できないような古書を買い集めています。

没後50年を経過しましたので、有名な200以上の小説
は青空文庫に無料で公開されています。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person35.html

太宰の長女(本妻との間に生まれた)が東北の有名な
政治家の妻であることは、よく知られています。どちらか
と言うと、本妻側に都合の悪い資料がインターネットから
消えているように思えます。皆さん、一旦公開したものの、
気兼ねして消していっているのでしょうか?。下記の
ような話題も、本当に有名な話ですが、なかなかネット
で検索できませんでした。まさか、yahooなどに圧力を
加えているとも思えませんが、実際に治子さんの津軽
訪問などの記事も消えてしまいました。けれど、世界中
にはarchiveされている情報がたくさんありますから、
消えたように思っても永遠に残るものなのです・・・。

以下は「ぶらり文学史跡散歩 太宰治の巻」と長篠康一郎氏
の「DAZAI OSAMU鏡太郎ほめぱげ文庫」から引用
させていただきました。(消えないでね)

 これは研究者の間でよく知られていることというが、昭和40年金木町で太宰治文学碑除幕式があり、参列した檀一雄が太田母娘の困窮ぶりを見兼ねて津島美知子さんにせめて「斜陽」の印税の内少しだけでも援助してもらえないかと頼んだが、美知子さんは立腹してその場を立ち去ったと伝えられている。(檀氏は太宰の親友で治子さんが中学2年の桜桃忌の当日テレビの婦人ニュースに檀、母と出演したことがあった)
http://web.archive.org/web/20071023014522/http://homepage3.nifty.com/namm/dazai/dazai_6.htm



昭和51年1月檀一雄の告別式が青山斎場で営まれたが、参列者数百名におよぶ盛大な葬儀であった。その席で『斜陽』の太田靜子さんと、檀一雄の想い出を金木町の太宰治文学碑除幕式の日のことを中心に語り合った。芦野公園に文学碑が建立されたとき、太田母娘の困窮ぶりを見兼ねた檀一雄が、津島美知子にせめて『斜陽』の印税のうち、少しだけでも援助して貰えないかと頼んだ。なぜ津島美知子かというと、太宰治の死後は著作権が美知子に移り、太宰治に関するすべてについて著作権継承者又は代行者の許可がなければ出版も上演も不可能だからである。この太宰治著作権は平成10年12月31日を以て期限切れとなる。檀一雄の要請については研究者のよく知るところであるが、津島美知子は立腹してその場を去ったと伝えられる。昭和四十年の出来事であった。
http://web.archive.org/web/20050907014253/http://kyotaro.web.infoseek.co.jp/index.html


檀一雄さんは、太田静子著『あはれわが歌』の序文
を書いていますが、この小説の原稿にも、かなり手直し
をされて、静子さんに協力されていたのでは無いかと
想像できます。『あはれわが歌』は『斜陽日記』と比べて、
とても読みやすい作品です。『斜陽日記』が静子さんの
代表作(斜陽に関連する資料として有用だとしても)
であるかのように、50年以上も文庫で販売されて
いるのに、『あはれわが歌』が復刻しなかったことが
不思議に思えます。


posted by ピアノ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(4) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

国立国会図書館 新編私の昭和史. 3

国立国会図書館での検索結果です。


新編私の昭和史. 3 / 東京12チャンネル社会教養部. -- 学芸書林, 1974

書誌情報 和図書(7/10件目)

請求記号 GB511-25
タイトル 新編私の昭和史. 3
責任表示 東京12チャンネル社会教養部編
出版地 東京
出版者 学芸書林
出版年 1974
形態 301p ; 20cm
各巻タイトル この道を行く
注記 東京12チャンネル社会教養部制作ドキュメント番組「私の昭和史」(司会:三国一朗)を収録したもの
内容細目 抵抗・ある市民の四十年(久野収) 自由と抑圧のなかで(石垣綾子) 河合栄治郎と共に(木村健康) ある田舎医者の記(若月俊一) 昭和漫才風雲録(花菱アチャコ) 紙芝居に栄光あれ(鈴木嘉兵衛) 日本のヌーベルバーグ(大島渚) 戦争体験とゲゲゲの鬼太郎(水木しげる) わが愛の歌(川田俊子,扇谷正造) 太宰治・斜陽と死(太田静子,野平健一) 山びこ学校(無着成恭,川合貞義) ある新聞人の帰郷(むの・たけじ) 紙のこころを求めて(成田潔英) 礼文島、金環食観測記(萩原雄祐) ホンダ慧星発見記(本田実) 広辞苑誕生記(新村猛) 沖縄復帰、二十五年の叫び(仲吉良光、仲吉トヨ,吉田嗣延) 昭和の巌窟王(青木与平) われらがアリの街(塚本慎三) 公害告発の原点(田尻宗昭)
入手条件・定価 980円
全国書誌番号 73019466
団体・会議名標目 東京12チャンネル ‖トウキョウ 12 チャンネル = トウキョウ ジュウニ チャンネル
→: テレビ東京 ‖テレビ トウキョウ
普通件名 日本 -- 歴史 -- 昭和時代 ‖ニホン -- レキシ -- ショウワジダイ
→: 日本 -- 歴史 -- 明治以後 ‖ニホン -- レキシ -- メイジイゴ
NDLC GB511
NDC(6) 210.7
本文の言語コード jpn: 日本語
書誌ID 000001228436
posted by ピアノ at 11:50| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国立国会図書館 太宰治全集

国立国会図書館での検索結果です。



太宰治全集. 10 / 太宰治. -- 筑摩書房, 1999.1

書誌情報 和図書(9/10件目)

請求記号 KH84-G7
タイトル 太宰治全集. 10
責任表示 太宰治著
出版地 東京
出版者 筑摩書房
出版年 1999.1
形態 638p ; 21cm
各巻タイトル 小説. 9
注記 肖像あり
内容細目 メリイクリスマス
内容細目 ヴィヨンの妻
内容細目 母
内容細目 父
内容細目 女神
内容細目 フォスフォレッスセンス
内容細目 朝
内容細目 斜陽
内容細目 おさん
内容細目 犯人
内容細目 饗應夫人
内容細目 酒の追憶
内容細目 美男子と煙草
内容細目 眉山
内容細目 女類
内容細目 渡り鳥
内容細目 櫻桃
内容細目 家庭の幸福
内容細目 人間失格
内容細目 グッド・バイ
内容細目 校異
内容細目 回想・同時代評 グッド・バイのこと / 末常卓郎著
内容細目 回想・同時代評 太宰治との一日 / 豐島與志雄著
内容細目 回想・同時代評 『斜陽』の子を抱きて / 太田靜子著
内容細目 回想・同時代評 「ヴィヨンの妻」 / 井伏鱒二著
内容細目 回想・同時代評 「斜陽」と「處女懐胎」 / 伊藤整著
内容細目 回想・同時代評 「人間失格」をめぐつて / 臼井吉見著
ISBN 4-480-71060-4
入手条件・定価 5900円
全国書誌番号 99068658
個人著者標目 太宰, 治 (1909-1948) ‖ダザイ,オサム
NDLC KH84
NDC(9) 918.68
本文の言語コード jpn: 日本語
書誌ID 000002773587



「太宰治全集. 12 書簡」の昭和21年と22年には、太田静子宛の
11通の書簡内容が記載されている。
posted by ピアノ at 11:49| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

秘書

澤地久枝 でも、治子さんの場合はお母さんがほんとに太宰さんを信じてらしたのね。
太田治子 そうですね。ある面では捨てられたと言われても仕方のない立場です。
     けれど父が山崎さんとああいう死に方をしたのを母は、自分は死ぬのが怖かった、
     だから山崎さんが代わりに死んでくださった、ありがとうという感じで、のんき
     というか。自分のことは文学上のことで、好きな人の赤ちゃんができ、もうそれで
     よいという気持ちなんでしょうね。現実は、その後たいへんでしたけどね、育てる
     とか。
澤地久枝 未婚の母って最近流行現象みたいに言われたけれど、治子さんが生まれたころの
     社会では、たいへんな苦労だった。そのわりにお目にかかったとき、お母さんは
     かげのない方だったわ。
太田治子 自分の生き方に悔いはないわけですね。貧乏して肉体労働してシワもいっぱい
     増えたげれど、精神的なシワはない人だと思うんですね。

(中略)

太田治子 母は文学少女で、自分も『斜陽』のお手伝いをした、書く時点では日記も提供し、
     秘書であったという感じなのね。
     私はそれに一時すごく反発したんですけど、あなたはあの小説の中から生まれた子
     なのよ、だから”斜陽の子”。と言われてもいいじゃない、そのとおりなんだから
     −−−が母なんですね。ただ、そんなのんきな人でも、心から奥様には申しわけ
     ないといまも言い続けてますし、それを聞くと切ないですね。重いです。


【言いだしかねて−太田治子対談集−より】


対談集の中の、澤地久枝との対談「誰かがあなたの心をノックしたら・・・」で太田治子(娘)さんの見解であるにせよ、太田静子さんが「『斜陽』のお手伝いをした、書く時点
では日記も提供し、秘書であったという感じ」と発言されています。実際、太宰治からの手紙で、そのようなスタンスで言い寄られていたことが残っています。

ご本人も、もちろん秘書のような気持ちで日記を提供したのでしょうに、
太宰治が亡くなった直後は、日記の提供さえも疑われたというので
すから、周辺の人々が混乱していたことがうかがえます。

posted by ピアノ at 20:55| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥様に申しわけない

太田治子 そこが落合さんとちょっと違うと思うんですけど、母は非常に明るくて
     こだわりのない性格なのに、三十年たったいまでもはっきり奥様に申しわけ
     ないって言い続けている重さというのは、どうしようもなくあるんですね。
     母は私一人で娘を育てて生きていきますと、宣言して、親戚からも勘当同然
     になっていました。でも結局女一人で生きていくのはたいへんで、大病に
     なったり、居候せざるを得ない状況になったんです。ようやく身体が丈夫に
     なると、こんどは子連れでは働こうにも思わしい仕事がない。なんとか食堂
     の調理の仕事をするようになりました。四十になって初めて肉体労働して
     泣いている母を見ると、小学生の私は、いたたまれたかった。女一人で子供
     を育てるのはたいへんなことだたと、実感としてわかるんです。

【言いだしかねて−太田治子対談集−より】


対談集の中の、落合恵子との対談「自由に自分を生きる」で太田静子さんが30年
過ぎた後も「はっきり奥様に申しわけない」と言い続けていることが発言されて
います。

外向きの発言だと見る向きもあるでしょうが、筆者が太田治子さんの書籍を読んだ
なかに、太田静子さんが本妻との立場において、筋を通した考え方を示している
エピソードがたくさんあります。太宰治に詳しい方(一般大衆と違い)の多くが、
太田静子さんがお気の毒だったと感じていると思います。しかし、太田静子さん
ご本人は、もっと割り切った感じで充足感を感じておられたのだと思います。

ただ、経済的に報われなかった点は、筆者がもっとも釈然としないところで、
太宰治が亡くなった直後に、太田静子さんとの関係をわずかな金銭で仕切って
しまった井伏鱒二などの行いは非常に残念です。太宰治の書籍が本格的に売れ
始めたのが、亡くなった後だったことを差し引いても、もう一度仕切り直せたの
では?、仕切りなおして欲しかった、とつくづく感じます。1993年までご存命
だった井伏鱒二さんは、昭和42年(1967年)に太田治子さんが出版された『手記』
をご覧になってどのようにお感じだったのでしょう。

ちなみに井伏鱒二さんは、その前年(昭和41年)に文化勲章を受けられています。


posted by ピアノ at 20:24| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田静子の本籍地

五木寛之 太田さんには言葉の詑りはないようですね。
太田治子 いえいえ。そもそも私は本籍が大分なんです。
五木寛之 ということは、お母様が大分のご出身なんですか?
太田治子 はい。血は大分ですけれども、育ちが滋賀県の琵琶湖のほとりなんです。
     で、私は神奈川県生まれで、東京育ちですよね。にもかかわらず、時として
     ひよいとやっぱり関西のアクセントが出たりします。例えば、「実は・・・」
     っていうとこを、「つは・・・」って言ったりして。そういうところは、
     やっぱり母の影響というものがあるようです。

(中略)

五木寛之 なるほど。そうですか。お母様は大分の方ですか。
太田治子 ええ、本籍が。だから、母は九州の女性で。
五木寛之 じゃ、太田さんの体質の中には、お父さんである太宰治の津軽のほうのものと、
     お母さんの九州のほうのものとがあるわけですね。
太田治子 そうなんですよ。(笑)


【言いだしかねて−太田治子対談集−より】


対談集の中の、五木寛之との対談「九州の血が流れるシャイな作家」で
太田静子さんの本籍地が大分であることが発言されています。



posted by ピアノ at 18:29| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ホウキと踊る太田静子

隣の西久保家には、当時、お米に換えた静子の文机や、小さな戸棚がつい先ごろまで残されていたそうである。この家の建築に携わった豊吉青年の長男で、その頃はまだ幼児だった、現ご当主の記憶にある太田静子は、天真欄漫な瞳の大きいお姉さんで、大きな声で歌を唱い、箒と踊りながら座敷の掃除をしていた姿が印象に残っているという。

昭和二十三年六月十三日、燃焼し尽くしてグッド・バイした太宰の魂はいつまでもいつまでも人々の心を虜にしている。斜陽族という流行語を生むほど、戦後のそれこそ彷徨している民衆の心の中に割り込み、その後もずっとベストセラーを統けている小説『斜陽』とともに、この家も「斜陽の家」としての歴史を担う役割を受け持つことになってしまった。

【『斜陽』の家 雄山荘物語 林和代(著)より】



太田静子について、「天真欄漫な瞳の大きいお姉さんで、大きな声で歌を唱い、箒(ほうき)と踊りながら座敷の掃除をしていた」という記憶が残されているのを読んで、戦後の時代の「太宰治の愛人・太田静子」と、かけ離れた印象を持たれた方も多いのではないでしょうか?。

歳を重ね、老齢に達するまでの太田静子さんも、若い頃と同様に明るい方だったようです。明るく、気丈でいさぎよい雰囲気が、筆者の太田静子さんの印象です。老齢の頃の写真を拝見するのが願いですが、未だ叶えられておりません。



ラベル:太田静子
posted by ピアノ at 23:08| Comment(0) | 太田静子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。